受託物に対する損害賠償って何?

一般的なマイカーを対象とした自動車保険であれば、契約車両は自己所有の自動車であるか、または自動車ローンなどで所有者が信販会社などの名義になっていたにせよ、使用者としての実態は認められるというのがほとんどです。保険証券にはその車両を常時使用している人の名前が記載され、車両のナンバーについても同様に記載されるため、事故が発生したときにも、その車両が保険の対象となっているかどうかの判断に苦しむことはありません。
しかしながら、他人の自動車を預かって駐車場に置いていた最中に事故にあった場合や、あるいは自動車工場を経営していて、他人の自動車を工場内で扱っている最中に損傷させてしまったというような場合にも、明確に法律上の損害賠償責任が発生します。
このように、他人から預かった財物のことを「受託物」と呼んでいますが、通常の自動車保険では、こうしたものを誤って損傷したり、その他事故にあったりした場合には、保険証券に明記がないために補償の対象からは外されており、保険金が支払われないことになります。
このようなケースが頻繁に想定される場合には、受託者賠償責任保険や自動車管理者賠償責任保険といった、別の種類の保険がありますので、こちらの保険に加入するようにします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿