運転するなら欠かせない知識!交差点等の通行方法とは

信号機がある交差点の通行は信号に従います。通常の信号機は青、黄、赤のみです。交差点に近づいた時に黄に変わる場合がよくあります。交差点を通過するか停止するか判断に困ります。この時のポイントは信号が黄に変わった時に、自分と交差点との距離と速度を見て判断をします。一瞬の判断になりますので能力を身に付ける様常に心がけます。この能力は安全運転に繋がります。歩行者用の信号機がある場合はその状況を見て予測しても良いですが、だろう運転はしない様にします。矢印信号がある場合は、その指示に従います。交差点によっては、左折、直進、右折の矢印がありますので信号を良く見て運転します。赤と黄の点滅信号の場合は十分注意します。赤は勿論停止ですが、黄も注意して走行します、車がある場合は停止が原則です。この点滅信号は深夜になりますと交差点によっては通常から切り変わります。信号無しの交差点では、センターラインが交差点にある、道路幅が広い方が優先となります。踏切の通行は必ず停止します。左右目視と音を確認して低速ギアで運転します。但し、前方に進む事が出来ないスペースが無い時は停止して待ちます。信号機が有る場合は信号に従います。信号が赤に変わる時は交差点と同様十分注意します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿