初心者さんはもう覚えた?交差点等の通行・踏切とは

車を初めて一人で運転するときには緊張するものです。隣に誰も座っていなければ、さらにその緊張の度合いは増すでしょう。特に交差点に入るときや踏切を横断するときは初心者にとっては意外と難しいようです。交差点に入って右折する場合、どのタイミングで右折したらよいのかわかりません。慣れてくると、前方から走ってくる車に対して「この程度の距離があれば右折できる。」というタイミングがわかるものです。しかし慣れていなければ、いつ右折すればよいのか交差点内でおろおろしてしまうでしょう。後続車がいればなおのこと焦ってしまうものです。しかし無理に右折する必要はありません。慌てて事故を起こすよりずっとましなのです。また、踏切前では必ず停車して列車が来ないことを確認してから横断しましょう。時々通過中に、列車が来る音が鳴り始めるときがあります。音が鳴ってすぐに遮断機が下りてくるわけではないので、焦って通過する必要はありません。もし踏切内で遮断機が下りてしまっても、車でそのまま押せば通過できますので落ち着いて横断するようにしましょう。車を乗り捨ててその場を立ち去るのはよくありません。車は余裕をもって落ち着いて運転することが大事なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿