サスペンションの役割について

サスペンションとはボディとタイヤを繋ぐ部分に位置し、ホイールハウスの隙間から見えるバネの形をした部分を指します。主な役割として、タイヤから受ける振動や揺れを吸収して乗員を不快な衝撃から守る目的があります。他にもコーナリング性能や安定性等の乗り味を決定する重要な主要部品となります。
例えばスポーツカーの様に、高速でコーナーを曲がる、加速、減速を繰り返すと言った走りの場合、サスペンションが柔らかかったら姿勢は前後左右に傾き、とても操縦できる状態ではなくレースになりません。


それとは逆に、オフロード四輪駆動みたいなデコボコした場所を走る事が多い場合、スポーツカーの様にサスペンションが硬かったら、衝撃を吸収できずに横転してしまいます。
この様にサスペンションとは車の使命を決定付ける部品と言っても過言ではありません。
私たちが乗っているものはメーカーが設定したサスペンションの硬さに調整されているため、これに満足できない走り屋などは、ショップで販売している高さ調節機構がついたものや、バネレート調整できるものなど独自に改造される方もおりますが、くれぐれも危険ですので常識の範囲内で改造されるのも良いかも知れません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿