自然災害の損害!補償範囲はどこまで?

自然災害の場合には、相手があってのことではありませんので、そもそも「車両保険」に加入していなければ補償対象にはなりません。その点を踏まえて、補償範囲がどこまであるのかを確認しましょう。車両保険にはオールマイティタイプとエコノミータイプがありますが、どちらでも補償されます。ただし「どういった災害であるのか」によって、補償されるか否かがかわります。 近頃は台風や集中豪雨、洪水なども増えていますし、火災もあります。台風や大雨になれば、河川の氾濫などで洪水になる可能性がありますし、浸水したり、倒壊した建造物に巻き込まれて車が損傷して利することもあります。車両保険では、これらもカバー範囲となります。またひょうや竜巻、大雪によて車が損傷した場合でも補償されます。しかし地震や津波が原因で損害を受けた場合には、補償対象外になります。このような災害でも水没したり、前者と同じような被害を受けることがあるのですが、それでも「原因」が補償に関わります。地震や津波の影響を受けた災害が原因である場合にも、補償されないと考えてよいでしょう。火山の噴火も同様に、補償対象外です。事細かなことについては、加入している任意保険の保険会社に問い合わせを行いましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿