自然災害による損害と補償内容について

皆さんは自動車の任意保険に加入されていますか。今や自動車を運転される方にとって任意保険に入ることは半ば義務に近い状態となっています。もちろん自賠責保険と異なり、全く車を運転しない、または事故を起こす可能性がないというのであれば加入は必要ありませんが、車の運転には何が起きるか分かりません。このような時代において加入は必須であると考えます。ただ自動車における車両保険については自車に対する付保なので持ち主が不要と考えるのであれば加入は強制されません。では、車両保険においてどこまでが免責事項になるのか御存知ですか。原則、車両保険については事故を起こした側、起こされた側のどちらに過失があるかは関係なく、自車に対する損害を補償してくれるものです。つまり自車が被った被害、ダメージについて修理やもしも全損であれば買い替え、という補償を行うといったものです。しかしながらこの保険にも免責事項があり、原則、地震や津波などの防ぎようのない天災、つまりは自然災害においては免責とするのが通例となっています。ただし、これまではそのような形でも通用していたのですが、最近の大地震や津波などが頻繁に起こることから見直しが入っているのが現状です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿