白水の滝に行こう!

白水の滝は庄川水系の大白川に属している滝であり、岐阜県大野郡白川村の大白水谷にあります。白山街道と呼ばれる国道156号線の大白川橋の北側交差点より、岐阜県道451号白山公園線を白山登山口の方向へ西へ進み、白川滝駐車場まで30分、そこから5分ほど遊歩道を歩いた滝展望台から、この滝を見ることができます。
白水の滝は高さ72m、幅8mもあり、白山国立公園内部の原生林の中にあります。
垂直に落下する水の色が乳白食にも見えることから「白水の滝」と呼ばれるようになりました。
岐阜県の名勝に指定されてはいますが、1990年に選定された日本の滝百選には選ばれてはいません。
付近の谷に大白川ダムが1963年に建設されてから、滝の上流では取水が行われるようになり、ダムに水が供給されるようになりました。そのため滝に流す水量が調節されており、冬季はすべての水をダム側へ取水するので、滝が遮断されています。
滝を見ることができるのは、夏期から秋期の間だけとなりますので、観光の際は注意が必要です。
近隣には、大白川露天風呂、白山ブナの森キャンプ場、白水湖などがあり、雄大な自然を堪能することができます。
限られた時期にのみ、姿を現す白川の滝。機会があれば訪れてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿