路面からの衝撃を緩和する装置とは

自動車では走行時の路面の凸凹などの状況によって、その乗っている人が衝撃を感じるケースがあります。そういった路面の凸凹によって発生した振動などの衝撃を吸収して、安定的でぶれない乗り心地の良さを実現する装置がサスペンションの役割となります。

サスペンションは、軸の位置を決めるサスペンションアーム、重さを支えて路面から受ける衝撃を吸収するためのバネであるスプリング、スプリングに発生している振動を抑制するダンパーの三つの構成部品からなります。サスペンションの取り付けられている位置は、タイヤとボディの間に存在し、フロントとリアのタイヤ部分の合計4つ取り付いています。


 

なおサスペンションなどの装置は交換することも可能で、交換すれば運転席からの視界を高くしたり低くしたりの調整までを行なうことも出来ます。なおサスペンションを交換するメリットには、ハンドリングを向上させ、右折や左折をしやすい状態に持っていくことが可能です。

その他に外観の見栄えを良くする効果もあり、ドレスアップさせることも出来ます。振動を低減させるダンパー内には、専用の粘性のあるオイルを使用しており、それは年数と走行距離によって寿命が存在します。

大体、3年に一回か走行距離が5~8万kmがダンパーオイルの交換目安となっております。しかし衝撃を吸収するバネであるスプリング自体は耐久性にも優れているため、滅多に劣化するものではないです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿