名義変更の手続きと流れ

名義変更の手続きと流れについて、まずはどういった書類が必要なのかを確認しておく必要があります。所有者が変わる場合には必ず必要なのが旧所有者と新所有者のそれぞれの印鑑登録証明が必要になります。さらに自動車に積んでいるはずの自動車検査証も必要です。
新所有者の車庫証明も必要です。この証明は警察署で発行をしてもらうことになりますが、その記載方法にはコツがあり、表面には住所と氏名、印鑑の押印などが必要ですが、問題は裏面です。裏面にはその自動車の保管場所が分かるように地図を記載する必要がありますが、その地図がもし分かりにくい場合には記載のやり直しなどを求められる可能性もあります。そのため、できるだけこうした書類を記載慣れした行政書士や自動車業者などに記載してもらえるように依頼したほうがスムーズにできることが多くあります。その他の書類も含めて面倒な場合には、一式依頼することも考えてもよいと言えます。
なお、この自動車の保管場所については、もし賃貸で借りている駐車場の場合には、貸している大家などの証明が必要になりますので、不動産仲介業者や大家に直接依頼することで、その駐車場を貸している旨の署名捺印を求める必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿