車の保険、どこまで保証されるの?

自動車に乗るのなら、保険に加入しておいたほうがよいでしょう。それには、自賠責と任意があります。自賠責というのは、自動車を運転しているときに他者などに被害を与えてしまったときに補償されるものです。具体的には、自動車を運転しているときに他人に怪我をさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故などに3千万円程度まで補償されるのです。これは強制的なものであり、法的にも加入が義務付けられているのです。
任意に関しては、法的な義務付けはないのですが、ほとんどの人がいざというときのために加入しているものになります。自賠責ではカバーしきれない部分を補償するものであり、対人や対物賠償なども無制限にするなど、かなり高額に設定することができたりするので、安心です。また、自分自身などに対しても人身障害や車両の補償をすることもできたりするので、車が新しい人などでは入っておくといいでしょう。
最近は、多くの人がインターネットなどで一括見積もりを出してもらい、比較をして加入することができたりするので、かなり費用を抑えられるようになっています。また、一日だけのものとしても、「ちょいのり」などの商品もできているので、たまに乗る人などではそういったものを利用するのもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿