高級車では木目調のデザインが多いのはなぜ?

高級車にはインストルメントパネルを中心にして、木目調のパネルが用いられています。自動車の発明がかつては西洋に多かったという内容に由来しており、リッチな気分を演出しているのです。また自動車の前身の馬車は、お客を最大限にもてなすようなサービスが随所に織り込まれたものであったため、キャビンには木目調のデザインも多く採用されているわけです。そういった内容が現代も引き継がれて、高級車には一般的に使用されているのです。


それから自動車に心地よさを求める人が多いのも、高級車の大きな特徴になっています。居住スペースに近いような空間を求めたことで、自然と木目調が好まれるようになって、それに見合った風習が採用されているのです。性能やエンジン付近のパーツ以上に内装は重要視される観点でもあることから、ハイグレードモデルにおいてはデザインの部分で購入の有無が決まっていくとも語られています。販売するメーカーとしては購買層がどういう内容を優先させているかを見定めながら、開発へ向けて進めていくことが重要なのです。
したがって、住居と同じような感覚を求めたというのが木目調が多い最大の理由となっていきます。見た目が富裕層にとっては大事なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿