固定車軸方式とは

サスペンションは、自動車のパーツの1つです。その主な働きとしては、地面からの振動をボディに伝えないよう、緩衝装置の役割を果たすこと、ホイールを地面に押さえつけ、操縦を安定させること、ホイールと軸の位置を決めることなどが挙げられます。これらは、乗り心地や操縦の安定性などに影響を与えるため、快適な運転を行うために重要なパーツであると言えます。


 

サスペンションは、軸の位置を決めるサスペンションアーム、ボディやシャーシを支え、衝撃を吸収するスプリング、その振動を減衰するショックアブソーバーなどから構成されており、これを左右のホイールを結ぶ軸に取り付ける方式を固定車軸方式と言います。さらに、固定車軸方式は、シャーシと軸をスプリングで支える「リーフ式」、可動式のバーで支える「リンク式」の他、駆動軸のパーツを分割し、軽量化を狙ったド・ディオンアクスル式などの各方式に分けることができます。

固定車軸方式は古典的な形式であり、コストが安く、頑丈であると言うメリットがあります。しかし、一方では、左右のホイールの動きが制限され、重量がかさむというデメリットもあり、現在では、左右の軸が独立してサスペンションの役割を果たす独立懸架方式が主流となっています。ただし、固定車軸方式もトラックなどで用いられており、前後の軸で固定車軸方式と独立懸架方式を混在させている例も見られることから、この方式もまだまだ現役であると言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿