仮渡金と内払金の違いって何?

不幸にして自動車事故に遭ってしまった場合、加害者が加入している保険からその被害に相当する保険金が支払われることになりますが、手続きに必要な書類を集めたり、審査に手間がかかったりして、実際にお金を受け取るのは数か月後ということも珍しくはありません。被害者はその間にもケガの治療などで膨大な出費が必要となるため、正式に手続きが完了し、損害賠償額が確定するのを待っていては、経済的に逼迫してしまうことにもなりかねません。そこで、自賠責保険や他の任意の自動車保険では、あらかじめ被害者にとって有利な制度がいくつか設けられています。
例えば、仮渡金は、被害者が当座の出費に対応するため、損害賠償額が確定する前であっても、一定の決められた限度額の範囲内で保険金の一部が支払われる制度で、自賠責保険の場合、被害者死亡であれば290万円、ケガであればその程度に応じて5万円から40万円の範囲内で支払いが行われます。
いっぽう、内払金とは、ケガの治療費や休業損害などが一定の金額に達するたびに、その都度保険金を請求できるという制度で、これも損害賠償額の確定前に支払われることは同様です。なお、この制度は自賠責保険では廃止されていますが、任意保険では類似の制度が残されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿