父母・配偶者・子供に対する損害賠償について

皆さんは自動車を運転されますか。自動車は便利で快適な乗り物ではありますが、一たび、交通事故を起こすと大変な補償や家族を巻き込んだ悲惨な事件へと発展する可能性があることも理解しておかなければなりません。まず、自動車において交通事故を起こし、自身が加害者となった場合、被害者に対する損害賠償が発生します。これは相手が自動車であるか、バイク、軽車両、つまりは自転車でるか、一番の交通弱者である歩行者であるか、によっても変わってきます。示談で決着がつかない場合、または行政処分の範囲を超え、刑事事件となった場合は裁判によってこの賠償金が決まります。示談であれば事故当時の状況、警察の実況見分、双方の言い分など状況証拠も取り入れながら過失割合を決めることができるのですが、刑事事件へと発展するような悪質な事故の場合、裁判による決着が必要となります。近年、飲酒運転や極度のスピード違反などで尊い命を奪うような事件が頻発しています。家族を一瞬にして奪われた遺族の悲しみを考えると当然、お金で解決する問題ではありませんが、残された遺族には子供がいたり、配偶者がいたりとその後の生活に賠償金は必要になりますので大切な問題です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿