方式によって異なるサスペンションのメリット・デメリットについて

サスペンションは、路面の凸凹などを走行したときの衝撃を乗り手に伝えない緩衝装置として働く性質があります。ただ自動車に採用されるサスペンションの方式には大きく分けて三種類があり、リジッドアクスル、インディペンデント、トーションビーム式の各サスペンションに分類されます。

まずリジッドアクスルの方式は、左右の両輪をアクスルで連結したタイプで耐久性にも優れたメリットがあります。ただ速度が速くなると乗り心地や路面の状態に追従する性質も悪くなるデメリットがあります。


 

次のインディベンデントは、左右の両輪がそれぞれ独立して機動するため乗り心地が良くなり、路面の状態に追従した状態で走行するのに優れているメリットがあります。また独立した状態でそれぞれが機動することで、設計面での自由度にも優れている特長も見られます。

しかし、部品の数も多くなることで製造コストや整備コストが高くなりやすいデメリットも存在します。トーションビーム式は、左右の両輪がねじれを許容する梁(ビーム)で結ばれている構造で、リジッドアクスルよりは自由度の見られる方式です。

構造も簡単で使用される部品の点数も少なくて済み、コストもかからないメリットが見られます。ただ悪路走行に不都合が見られることがデメリットとなります。FF(フロントエンジン・フロントドライブ)のコンパクトカーなどに採用されている方式です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿