保険料と補償範囲について

自動車保険は補償範囲によって保険料が変わります。もし安く抑えたいと思うのなら、補償範囲を見直してみるといいでしょう。
見直しポイントはいくつかあるのですが、大まかにあげてみると以下のようなポイントがあります。
人身傷害保険を付帯させておけば搭乗者損害保険は必ずしもいらない、車両保険は車の状態に合わせて契約し直すこと、オプションはライフスタイルに合わせること、運転者の条件を限定することなどです。
では、一つずつ見ていきましょう。
人身傷害保険とは自分や同乗者が事故により死傷した際に支払われる保険です。対する搭乗者傷害保険とは同乗者が死傷した場合のみに支払われる保険です。よって同乗者損害保険は人身傷害保険の上乗せ補償ですので、絶対に付帯が必要というものではありません。
また、車両保険は自身の車を修理する際に支払われる保険です。この際、全額補償ではなく、一部だけ負担という形を取るといいでしょう。しかし、乗り捨てするような車には基本的に必要ないとされます。
後は運転者を限定する特約を見直すことです。本人限定にすると契約者本人が運転していた場合にしか保険金の支払いは行われませんが、保険の利用料はかなり削減できます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿