保険金が支払われないケースとは

事故の被害があれば、自動車保険から保険金の支払いがあると誰でも考えていると思いますが、実は支払われないケースがあるのです。それは自動車保険は基本的に被害者の損害を賠償するための保険であるということです。つまり被害があってもその加害者が被害者の身内、例えば家族である場合などは支払われません。事故の加害者が生計を一とする家族である場合は支払われないのです。また単独事故の場合、運転者や家族である搭乗者の分は自賠責保険からも、任意保険の対物保険からもでません。搭乗者が家族でなければ出ます。これは自賠責保険でもそうです。つまり運転者が悪くて、自分や自分の家族に被害が出た場合には補償がないのです。これは実際には非常に困ります。十分気をつけておく必要があります。しかしこれに備える保険もあります。それは人身障害保険です。これは言わば対物保険に対する車両保険のような保険で、対人賠償保険では保障されない加害者や加害者の家族である被害者を保障する保険です。任意保険に入る場合には通常必ずセットになっていますので、特に意識しないでも、加入していますので安心です。しかし自賠責保険だけの時には当然入っていないわけです。自賠責保険の出来た頃にはそこまで保障することはそれ程重視されていなかったのですが、今となっては対人賠償同様に必ず加入すべき保険です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿