保険契約を異動する場合の注意点とは

保険契約はサービスしている会社を移すこともできますし、名義を他の方に移することも可能です。契約を移す行為は異動と呼ばれています。契約変更の一種ですが、異動は保険内容を変えずに会社や保険対象者を変更します。自動車保険の場合、保険会社の変更はとても簡単です。自動車保険には全国統一された等級が設定されており、等級を維持しながら各社の保険を契約することが可能です。保険の名義変更については注意が必要です。名義変更は各社で保険規約で制限があります。多くの自動車保険では名義変更ができるのは同居している家族と限定されていることが多いようです。そのため、別居中の子供や孫には免許を移せないことが多いようです。また、別居中の妻への名義変更についても多く保険会社が制限していることが多いようです。自動車保険の名義変更は等級を維持できるのが特徴です。自動車保険の等級は契約した年数によって決まります。7等級から始まり、20等級まで上昇します。自動車保険の等級は1年に1等級上昇することになりますが、事故などで自動車保険を利用した場合には3等級格下げとなります。名義変更で保険を移動するメリットはとても多いため、利用者が増えています

コメントは受け付けていません。

最近の投稿