ダブルウィッシュボーン式とは

自動車には各タイヤ周辺にサスペンションが設置されていることになり、サスペンションの機能によって路面からの衝撃などを吸収していることになります。ある程度の悪路でも快適な走行ができるように工夫されているパーツとして知られていますが、サスペンションにはダブルウィッシュボーン式を採用しているものが存在しています。


ウィッシュボーンは鳥の鎖骨に似ている形状に仕上がっていることから命名されたことになりますが、一般的なタイプの場合ではハブなどを支えているものは下側サスペンションアームになり、一般的にはハブの下側に設置されています。一方でダブルウィッシュボーン式の場合では、ハブの上下に路面に対して水平に2ヵ所に設置されていることが特徴です。この機能に関してはスポーツカーなどで多く採用されているもので、一部の国産メーカーでも採用しているものを見ることができます。タイヤを路面に密着させることに向いていることや、ハンドルを切った際にも敏感に路面を捉えることを可能にしています。キャンバーの変化を最小限に抑制することもでき、タイヤのグリップを最適な状態に施すことができるものとしても活用されています。足回りのパーツとしては改造用として販売されているパーツも存在しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿