独立懸架方式とは

独立懸架方式とは、クルマのサスペンション形式の一つで、英語ではインディペンデント・サスペンションと呼ばれることもあります。その名の通り、左右の車軸が一本でつながっておらず、独立していることが構造上の特徴で、そのためでこぼこした路面を走るときにもそれぞれのタイヤが追従し、安定かつ乗る心地の良い走りを可能とします。


 

また、軸が一本でつながっているサスペンションと比べると、バネ下重量を軽くすることができるというメリットもあります。バネ下重量が軽くなることで機敏な動作が可能となります。これも乗り心地と操縦安定性に大きく貢献しています。この独立懸架方式サスペンションを世界で初めて採用したのはメルセデス・ベンツ170で1931年のことでした。その後、徐々に増えていき、現在は多くのクルマで採用されるようになっています。

ただ、ひと口に独立懸架式サスペンションと言ってもその種類は非常に豊富です。比較的コストが安くできるストラット式から、スポーツカーや高級なクルマに採用されることが多いダブルウィッシュボーン式やマルチリンク式などがあります。乗り心地の良さと操縦安定性は増しますが、コストが高くなってしまうのがデメリットとなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿