カーインテリアで重要視したいハンドルとインパネ

ハンドルとインパネについては、自動車を運転する上では一番、目につく部分でそこに拘ることはカーインテリアを向上させる上でも重要となります。まずハンドル部分は、運転をする時の操縦を掌る部分となりますが、カー用品店などでそこに取り付けるカバーパーツが販売されています。


 

なかには運転時に発生する汗を吸収したり触り心地が良かったりする素材を使っていることもあるため、インテリア以外の安全性の確保のためにも使用できる側面もあります。それでいて装飾も豊かなものも多く、見た目も良かったり、かっこ良かったりするデザインも多いです。

一方、インパネはインストルメント・パネルの略称ですが、自動車に乗った時の前方の計器類が入っている板のことを言います。この部分も運転する時に気になる箇所となりますので、カーインテリアでも重要視される箇所です。

もちろん、カー用品店などでは殺風景なインパネに花を添えるべく、パーツも沢山、販売されており、それを活用して取り付ければ見栄えも当然、良くなります。カーインテリアに対する拘りは、部屋の室内のインテリアと一緒で、車内で過ごす上での快適性を追求する上でなくてはならないものです。

自動車の運転空間のインテリアに拘ることで乗車が楽しみとなることにも繋がっていきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿