安全運転が一番!交差点を通行するときの注意点とは

事故が起こり易い場所と言えば交差点です。車が入り混じる場所であり、さらには歩行者や自転車なども渡っていますので、ちょっとした不注意によって事故になってしまうようなことがあります。
交差点を走行する際に気を付けたいこととしては、歩行者や自転車の巻き込みをしないことです。そして巻き込みが発生する理由は内輪差が生じるからです。これは前輪と後輪の通り道の差のことですが、後輪の方が内側を通ります。ですから左折をする時などに後輪が内側を通ることによって歩行者などを巻き込んでしまうことがあるのです。そして大型車ほど内輪差が大きくなりますので、大きな車を運転する際には特に気を付ける必要があります。また、歩行者側も内輪差によって後輪が近いところを通る可能性があることを理解しておくことも大切です。例えば横断歩道の端に立っていると、時にはトラックなどに巻き込まれてしまうこともありますので気を付けなければいけません。
巻き込み事故を起こさないようにする為には、余裕を持って曲がるようにすることが大切です。左折をする際にもインコースから入るような曲がり方ですと歩道に乗り上げてしまうこともありますので、大きく回るように意識した方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿