安全確認を忘れずに!一時停止、目と耳で確認を

毎日のように車を運転していると、運転操作に慣れてきてつい過信してしまうことがあります。特に、仕事や待ち合わせなどの時間に遅れそうなときには、スピードを出しすぎてしまったり、安全確認を怠ってしまうといったことがあります。それが原因で、毎日のように交通事故が起きています。それで、車を運転するときには、必ず安全確認を忘れないようにしましょう。では、どのように行うことができるでしょうか。例えば、踏切に差し掛かった時に、まったく電車が通らないと思える田舎であっても、きちんと踏み切りの前でブレーキを踏んで一時停止しましょう。そして、左右をきちんと確認しましょう。さらに、窓を開けて音も確認しましょう。ごくまれに、電車が来ているにもかかわらず踏切の故障といったこともありますので、必ず耳と目で確認をしましょう。わざわざ窓を開けて確認しなくても大丈夫。といった軽い気持ちは、大事故につながる場合があります。安全確認を怠ったがために大きな代償を払うケースは多発していますので、ぜひ気を付けましょう。安全に走行するためには、家を出るときにはぎりぎりに出るのではなく、時間に十分の余裕をもって出るようにしましょう。そうすれば安全に走行できるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿