‘2016/02’ カテゴリーのアーカイブ

高級車では木目調のデザインが多いのはなぜ?

2016/02/16

高級車にはインストルメントパネルを中心にして、木目調のパネルが用いられています。自動車の発明がかつては西洋に多かったという内容に由来しており、リッチな気分を演出しているのです。また自動車の前身の馬車は、お客を最大限にもてなすようなサービスが随所に織り込まれたものであったため、キャビンには木目調のデザインも多く採用されているわけです。そういった内容が現代も引き継がれて、高級車には一般的に使用されているのです。


それから自動車に心地よさを求める人が多いのも、高級車の大きな特徴になっています。居住スペースに近いような空間を求めたことで、自然と木目調が好まれるようになって、それに見合った風習が採用されているのです。性能やエンジン付近のパーツ以上に内装は重要視される観点でもあることから、ハイグレードモデルにおいてはデザインの部分で購入の有無が決まっていくとも語られています。販売するメーカーとしては購買層がどういう内容を優先させているかを見定めながら、開発へ向けて進めていくことが重要なのです。
したがって、住居と同じような感覚を求めたというのが木目調が多い最大の理由となっていきます。見た目が富裕層にとっては大事なのです。

おしゃれなメーターも

2016/02/16

自動車に乗ったときには、一番、目に付きやすい部分をインストルメントパネルと呼び、そこは車内インテリアでも重要な部分を占めています。乗ったときに一番、目にしやすいため、それだけ自動車メーカーでもデザインに力を入れている部分となります。

特に運転席から見ると、速度計や燃料計、水温計、距離計などの計器が搭載されているのが一般的です。実際にこれらのメーター類は、運転者が安心して走行を行なう上でも必要とされるもので、欠かすことが出来ない存在です。


 

ただこれらのメーター類の弱点は機能面と実用面を重視していることから、殺風景な印象を与える存在となってしまいます。ところが最近は、見栄えなどを重視したデザインを追及していることもあり、自動車によってはその個性を反映させている側面があります。

特に高級車となるとインストルメントパネルの豪華さに驚かされることも多いです。メーターをシンプルにして必要最小限度にしたり、メーターの形状や表示のされ方の工夫、またライトアップ時の見栄えなどにも拘りを持ったデザインが多いです。

従来の針の指し示す位置による計測ではなく、デジタルで表示する方法も普及しており、それだけおしゃれなメーターを製造しやすい環境も整っています。

エアコンは安全性を重視

2016/02/16

必要な機能を厳選して見ていけば、季節の変わり目を的確に捉えることにもなり、エアコンは安全性を重要視する必要があります。特に自動車においてはエアコンを使用する機会も多く、単なる寒暖の目的外でも空調の役割として活躍する場面もあるのです。ここ数年はイオンを含んだ快適かつ健康的なシステムを採用したものが売れており、新車にはこういったタイプが積載されています。走行中の妨げにならないような画期的な内容を知ることで、次回のときのメンテナンスの際にエアコンの部品のみ取り替えるようにする点も可能となります。


その一方でバッテリーとのバランスを考慮した賢い使い方をドライバー側も把握していくことが大事になっており、故障の原因を防いでいく部分にも影響しています。エアコンは多機能なものを見ていくことが重要であるため、安全かつ省エネタイプを優先させるようにする事柄が重要です。
以上の事柄より、自動車専用のエアコンは多少値が張ったとしても性能に優れたものを選択していくようにすることが大事なのです。またカーナビやワンセグ機能に目が行きがちですが、実際のところは空調のシステムにも目を向けることが重要なポイントになっています。

カーナビの取り付けについて

2016/02/16

地図上に現在地を教えてくれるような便利な相棒であるカーナビは、定期的なメンテナンスをしていくことも推奨されています。げん座も新たな道路は建設されていることから、既存のルート以上に便利な手段があるという点も押さえておくことが重要だからです。またアップデートにかかる費用も2台目以降であれば安価な金額で抑えることが可能になっているため、自分自身で身の丈に合う機能を兼ね備えたカーナビを選択していくことが求められます。さらに取り付け方も従来よりもシンプルな構成になっているので、カーナビに慣れるまで大変であったという方もスムーズな操作ができるようになっています。いろいろな情報を見聞きしながら、気に入った一台を手に入れるようにすることが重要になるのです。


その一方で地図以外の機能も充実してきたという点が最近発売されたカーナビの大きな特徴になっており、旅行者向けのガイドブックのような多機能性が消費者には支持されています。スマートフォンのアプリと併用して、便利なサービスを利用していくことになれば、結果的には最高のパートナーを手にする方向にもつながります。ゆえにカーナビの最新情報はドライバーであれば知っておくことが賢明です。

オーディオのドレスアップ

2016/02/16

車載されたオーディオシステムのドレスアップを切望しているのであれば、まずは音質にどれだけこだわりを持つのかという部分から考察していく作業が求められます。ドライブの際に音楽を重用するという場合は、それが楽しみの主になっていくので、オーディオにこだわりを示すように心掛けていく点が必要です。またCDやDVDに加えテレビが視聴できるかどうかなどの機能面にも着目していくことが重要であり、価格とのバランスをしっかりと見ながら納得のいく選択をするように心掛けていくことが大切です。同乗する人が多くて皆で盛り上がりたいという場合は、これからの時代はオーディオへのこだわりを強くしていく部分も大事な側面になっていきます。


一方でカーナビのシステムにあらかじめ機能が含まれている場合は、増設を行うという形でオーディオを進化させることが可能です。最近のシステムはコンピュータ制御がされており、気軽にアップデートをするような感覚で機能を増やしていくことが見込めます。さらに月額で支払うコンテンツを利用すれば、オーディオのシステムを半永久的に新品のように扱うこともできるのです。したがって、基本的な内容をまずは知っておくことが重要です。

インストルメントパネルは車内インテリアの要

2016/02/16

インストルメントパネルはれっきとした車の内装の要となっておりインテリアパネルなどとも呼ばれています(通常インストルメントパネルはメーター類やスイッチ類、エアコン吹き出し口なども含めますが、インテリアパネルと言う場合、それらを囲むパネルのみを言う場合が多いです)。


ドライビングプレジャーを意識するドライバーにとって操作におけるインターフェースは非常に重要です。それはステアリングであり、ペダル類であり、インストルメントパネルと言っていいでしょう。まず、実用上必要なメーター類やスイッチ類の形、レイアウトは実用は勿論のこと、雰囲気作りに一役買うものです。良い例がスポーツカーです。ポルシェ911のステアリング奥の伝統の5連メーターは有名で、否が応でも走行前のドライバーを盛り立てます。ミニクラブマンの大型の丸い速度メーターをセンターに配置したレイアウトもスポーツムードを増長します。斬新な、あるいはポップなインストルメントパネルはさすがファッションの国、イタリアが先行しており、3代目のパンダなどはメーター類やスイッチ類の外枠をスクエアに統一して話題になりました。そこへいくとドイツ車や日本車のインストルメントパネルは総じてビジネスライクで凡庸、地味に映ります。パネルのみのインテリアパネルの場合、アフターマーケット製やメーカー純正のパネルが販売されています。「メーター&スピーカーパネル」「センターコントロールパネル」等といった具合に、木目、ホワイト、革シボブラック、クロームメッキなど自分好みに内装します。中にはLEDイルミネーション付もあります。

ドライビングポジションを決める位置調整機能

2016/02/16

ドライブへ出掛ける際には、快適な乗り心地を目指していくことが大事です。特にドライバーについては長時間運転しても疲労感を蓄積させにくい状況が重要であるため、正しいドライビングポジションを保っていく行動が大切です。基本的な姿勢を導入していくことになれば、走行時の環境もよい方向へ促されていくので、事故と無縁な結果に近づけることが可能になります。


それに加え位置調整機能を搭載した内容を積極的に見ていけば、より理想的な運転を心がける方針も生まれます。とっさの行動をとる必要になっても、正しい姿勢を貫ければ冷静な対応を示すことにもつながり、最高の結果を出す部分にもつながるのです。一人一人が安全運転に貢献していくことで、ドライバーどうしのトラブルを最小限に食い止めるような方針が出ていきます。自動車の動きを的確に理解して、位置調整機能を強化させる方向へもっていくことができれば、目線や座面の高さを上手に保っていくことができるようになるのです。見渡しがよいという状況を慎重に見ることになれば、慢性の持病を減らしていけるような方向性も出ていきます。
一例としてシートベルトの仕方やバックレストから、まずは見ていくことが大事です。

内蔵されている機能について

2016/02/16

最新の自動車に内蔵されている機能の中には、コンピュータ制御を駆使したアイテムも多数存在しています。思い浮かぶ可能性が高いカーナビはGPSの機能の集大成と呼べる内容が網羅されており、道路事情に加え周辺の名所やグルメをわかりやすく紹介してくれるようなガイドブックのような内容にも成長を遂げているのです。さらに基本的な操作については初心者でも迷うことなくスムーズなやりとりができる工夫も凝らされているため、全ての人に満足のいくような内容を提供する部分も大いに可能となっています。ますます便利になるこういったサービスを慎重に捉えていくようにすることで、自動車を利用する度に楽しみと呼べる部分を増やしていく事柄にもつなげていく確率が出ていくのです。


それから最新の事故防止についても見ていくことが大事であり、エアバックのような装置は欠かすことができない存在になっています。万が一に備えた機能が拡充していることにより、内蔵されたシステム全体への信頼感も自然と向上していくため、メーカーとしてもプラスに働く部分が多くなっていきます。
日本の自動車における性能の素晴らしさを改めて確認していくことで、未来へつながる内容も見えてくるのです。

車の舵を握るステアリングホイールの重要性

2016/02/16

クルマのステアリングホイールは、形や大きさ、素材によって握りやすさやハンドル操作のしやすさが変わってきます。そのためどのようなステアリングホイールが使われているかはとても重要です。


 

まず形に関してですが、円形タイプが一番多いですが、スポーツカーなどでは底辺部分が直接になっている場合もあります。また、半分よりやや上の部分を少し太くしている場合もあります。よく握ることが多い部分を太くすることで、ハンドル操作をしやすくしているわけです。

大きさに関しても、どのクルマでも同じというわけではありません。直径が長いタイプもあれば、短いタイプもあります。またグリップの太いタイプもあれば、細いタイプもあります。握ったときにぴったりと手にフィットするグリップの太さには個人差があります。一番握りやすいと思うステアリングホイールを装着することが大切ですので、もしフィットしないと感じる場合はステアリングホイールを交換したり、カバーを付けるのも手です。特に細く感じる場合は、カバーを付けることで随分とフィーリングを改善させることができます。

素材も重要です。ウレタン素材が多く使われていますが、滑りやすいというデメリットがあります。それに比べると、本革のステアリングホイールは滑りにくいのでおすすめです。費用を抑えたければ、本革のカバーを巻くのも良いでしょう。

カーインテリアで重要視したいハンドルとインパネ

2016/02/16

ハンドルとインパネについては、自動車を運転する上では一番、目につく部分でそこに拘ることはカーインテリアを向上させる上でも重要となります。まずハンドル部分は、運転をする時の操縦を掌る部分となりますが、カー用品店などでそこに取り付けるカバーパーツが販売されています。


 

なかには運転時に発生する汗を吸収したり触り心地が良かったりする素材を使っていることもあるため、インテリア以外の安全性の確保のためにも使用できる側面もあります。それでいて装飾も豊かなものも多く、見た目も良かったり、かっこ良かったりするデザインも多いです。

一方、インパネはインストルメント・パネルの略称ですが、自動車に乗った時の前方の計器類が入っている板のことを言います。この部分も運転する時に気になる箇所となりますので、カーインテリアでも重要視される箇所です。

もちろん、カー用品店などでは殺風景なインパネに花を添えるべく、パーツも沢山、販売されており、それを活用して取り付ければ見栄えも当然、良くなります。カーインテリアに対する拘りは、部屋の室内のインテリアと一緒で、車内で過ごす上での快適性を追求する上でなくてはならないものです。

自動車の運転空間のインテリアに拘ることで乗車が楽しみとなることにも繋がっていきます。

最近の投稿