保険の補償範囲の考え方について

自動車保険は複数の補償の中から自分のカーライフに適した補償を選択して契約するシステムです。
具体的な補償は、対人賠償補償、対物賠償補償、自損事故補償、搭乗者傷害補償、人身傷害補償、車両補償などがあります。例えば対人賠償補償は事故を起こした相手の死傷に対して補償し、対物賠償保障は事故を起こした物への損害を補償するというように、商品ごとに補償範囲が異なります。よって、その範囲を理解しなくては自身のカーライフに最適な補償を選択することはできません。
それを踏まえて考える必要があるのですが、柱となる補償は対人賠償と対物賠償ですので、この2つは絶対に外すことはできないでしょう。また、無制限でかけておくことも重要です。
その他の補償に関しては自身で必要性を考えてください。例えば、人身傷害補償を契約すれば自分と搭乗者の死傷が補償されるため、搭乗者傷害補償は必ずしも必要ないとされています。また、乗り捨てをする予定の車なら車両補償も必要ありません。
どのくらいの頻度で運転をするのか、どのような場面で運転をするのか、誰を乗せて走行するのか、自動車そのものの価値はどのくらいかといったことから補償範囲を選択してみましょう。